そこそこ大事な(by友岡)

いつも真っ当な格好をしている人には関係のない悩みですが、日々服装に悩みます。


例えば、明日はVIPが来るから要ネクタイ、といったように判断の余地がない場合には、むろん、悩まないのですが、
明日の来訪者はVIPというほどではないけど、そこそこ大事な……といった場合には、着タイ系の服装にするか、カジュアルな感じにするか、かなり迷います。


某日の或る(差し障りがありますが)そこそこ大事な来訪者についてもかなり迷い、前夜の就寝時になっても未だ決めかねていたのですが、
幸いにして(?)、その日の朝、寝坊してしまったため、迷う時間もなくなってしまい、慌ててネクタイをして家を飛び出しました。


(いつも真っ当な格好をしている人には関係のない悩みですが……。)


ボクと同様、普段はいつもジーンズ姿の某学部のI先生と、つい先日、或る会議で同席したのですが、その会議は学外のVIPの参加があるにもかかわらず、I先生はいつものジーンズ姿でした。


で、会議終了後、I先生いわく、「今日はこの会議があることをすっかり忘れてて、こんな格好で来ちゃって……」。


(いつも真っ当な格好をしている人には関係のない悩みですが……。)